[週刊ダイヤモンド] 12/31-1/7号「2016年ベスト経済書」で取り上げられた書籍

『人口と日本経済』 / 吉川 洋著

『私たちはどこまで資本主義に従うのか』 / ヘンリー・ミンツバーグ著

『「決め方」の経済学』 / 坂井 豊貴著

『金融政策の「誤解」』 / 早川 英男著

『21世紀の不平等』 / アンソニー・B・アトキンソン著

『行動経済学の逆襲』 / リチャード・セイラー著

『経済学者 日本の最貧困地域に挑む』 / 鈴木 亘著

『人材覚醒経済』 / 鶴 光太郎著

『通貨の日本史』 / 高木 久史著

『ビジネススクールでは学べない 世界最先端の経営学』 / 入山 章栄著

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする