[日経新聞] 12/11書評欄で紹介された書籍

『「移動」の未来』 / エドワード・ヒュームズ著

『炸裂志』 / 閻 連科著

『あらゆる文士は娼婦である』 / 石橋 正孝著

『最古の文字なのか? 氷河期の洞窟に残された32の記号の謎を解く』 / ジェネビーブ ボン・ペッツィンガー著

『老いる家 崩れる街』 / 野澤 千絵著

『学校では教えてくれない! 国語辞典の遊び方』 / サンキュータツオ著

『魚と日本人』 / 濱田 武士著

『教育費破産』 / 安田 賢治著

『近代都市の下層社会』 / 町田 祐一著

『観察力を磨く 名画読解』 / エイミー・E・ハーマン著

『オバマ政権の経済政策』 / 河音琢郎・藤木剛康編

『GE変化の経営』 / 熊谷 昭彦著

『最後の箱根駅伝』 / 早坂 隆著

『北方領土の謎』 / 名越 健郎著

『中国共産党 闇の中の決戦』 / 中澤 克二著

『本当はブラックな江戸時代』 / 永井 義男著

『ライムスター宇多丸の映画カウンセリング』 / 宇多丸著

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする