[週刊文春] 12/15号で書評された書籍

『犯罪小説集』 / 吉田 修一著

『学校では教えてくれない地政学の授業』 / 茂木 誠著

『愚者の毒』 / 宇佐美 まこと著

『悪魔を憐れむ』 / 西澤保彦著

『壁の男』 / 貫井 徳郎著

『心やすらぐ仏像なぞり描き』 / 田中ひろみ著

『観察力を磨く 名画読解』 / エイミー・E・ハーマン著

『書楼弔堂 炎昼』 / 京極 夏彦著

『無葬社会 彷徨う遺体 変わる仏教』 / 鵜飼 秀徳著

『ビッグヒストリー』 / デヴィッド・クリスチャン著

『マーケティングのすゝめ』 / 高岡 浩三著

『ルビコン・ビーチ』 / スティーヴ エリクソン著

『宇宙を織りなすもの』 / ブライアン グリーン著

『この世界の片隅に』 / こうの 史代著

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする