[読売新聞] 11/27書評欄で紹介された書籍

『日の鳥』 / こうの 史代著

『サピエンス全史』 / ユヴァル・ノア・ハラリ著

『未来政府』 / ギャビン・ニューサム著

『誰が音楽をタダにした?』 / スティーヴン ウィット著

『ロレンスがいたアラビア』 / スコット・アンダーソン著

『ブッディスト・エコロジー』 / 竹村 牧男著

『世界とつながるハプスブルク帝国』 / 大井 知範著

『最後の秘境 東京藝大』 / 二宮 敦人著

『ぼくたちが越してきた日から、そいつはそこにいた』 / ローダ レヴィーン著

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする