[週刊文春] 10/20号で書評された書籍

『罪の声』 / 塩田 武士著

『サイボーグ化する動物たち』 / エミリー・アンテス著

『生か、死か』 / マイケル ロボサム著

『傷だらけのカミーユ』 / ピエール・ルメートル著

『激しき雪』 / 山平 重樹著

『ヌメロ・ゼロ』 / ウンベルト・エーコ著

『落花生』 / 嶽本 野ばら著

『仕掛学』 / 松村 真宏著

『ダライ・ラマと転生』 / 石濱 裕美子著

『エジプト神話集成』 / 杉 勇、屋形 禎亮訳

『貴族探偵対女探偵』 / 麻耶 雄嵩著

『十二人の死にたい子どもたち』 / 冲方 丁著

『ピアノの森』 / 一色 まこと著

『残穢』 / 小野 不由美著

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする