[読売新聞] 10/9書評欄で紹介された書籍

『大統領の疑惑』 / メアリー・メイプス著

『明治初期日本の原風景と謎の少年写真家』 / アルフレッド・モーザー著

『写真家ナダール』 / 小倉 孝誠著

『特攻 なぜ拡大したのか』 / 大島 隆之著

『徹底調査 子供の貧困が日本を滅ぼす』 / 日本財団子どもの貧困対策チーム著

『ヒトはどこまで進化するのか』 / エドワード・O・ウィルソン著

『情報社会の〈哲学〉』 / 大黒 岳彦著

『巨大数』 / 鈴木 真治著

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする