[週刊文春]10/13号で書評された書籍

『パナマ文書』 / バスティアン・オーバーマイヤー著

『戦争まで』 / 加藤 陽子著

『向日葵ちゃん追跡する』 / 友井 羊著

『わたしの隣の王国』 / 七河 迦南著

『裏切りのプログラム』 / 柳井 政和著

『こども孫子の兵法』 / 齋藤 孝監修

『人の樹』 / 村田喜代子著

『朝が来るまでそばにいる』 / 彩瀬 まる著

『日本の街角酒場で呑み語らう』 / 小西 康隆著

『下級武士の日記でみる江戸の「性」と「食」』 / 永井 義男著

『武器としての人口減社会』 / 村上 由美子著

『宇宙の統一理論を求めて』 / 風間 洋一著

『ノース・ガンソン・ストリートの虐殺』 / S・クレイグ・ザラー著

『ザ・ファブル』 / 南勝久著

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする