[読売新聞] 10/2書評欄で紹介された書籍

『煙が目にしみる』 / ケイトリン・ドーティ著

『漂流』 / 角幡 唯介著

『乞食路通』 / 正津 勉著

『新制大学の誕生』 / 天野 郁夫著

『「野党」論: 何のためにあるのか』 / 吉田 徹著

『鉱山のビッグバンド』 / 小田 豊二著

『芸能人寛容論』 / 武田 砂鉄著

『サイボーグ化する動物たち』 / エミリー・アンテス著

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする