[日経新聞] 9/11書評欄で紹介された書籍

『行動経済学の逆襲』 / リチャード・セイラー著

『ユリシーズを燃やせ』 / ケヴィン バーミンガム著

『幽霊とは何か』 / ロジャー・クラーク著

『江戸のパスポート』 / 柴田 純著

『漂うままに島に着き』 / 内澤旬子著

『からゆきさん』 / 森崎和江著

『ビッグデータと人工知能』 / 西垣 通著

『都市と地方をかきまぜる』 / 高橋 博之著

『TED TALKS』 / クリス・アンダーソン著

『逆転の大中国史』 / 楊 海英著

『自治体がひらく日本の移民政策』 / 毛受敏浩著

『水危機を乗り越える!』 / セス・M. シーゲル著

『競馬の世界史』 / 本村 凌二著

『台湾企業の発展戦略』 / 朝元 照雄著

『「核なき世界」の終着点』 / 吉野 直也著

『人びとの戦後経済秘史』 / 東京新聞・中日新聞経済部編

『絶滅鳥ドードーを追い求めた男』 / 村上 紀史郎著

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする