[読売新聞] 9/4書評欄で紹介された書籍

『掠奪されたメソポタミア』 / ローレンス・ロスフィールド著

『冬の王』 / トマス・ペン著

『21世紀を創る』 / 渡邉 昭夫著

『英語という選択――アイルランドの今』 / 嶋田 珠巳著

『「その日暮らし」の人類学』 / 小川 さやか著

『学術書の編集者』 / 橘 宗吾著

『学力・心理・家庭環境の経済分析』 / 赤林英夫ほか編著

『会いたかった画家』 / 安野 光雅著

『ねないこはわたし』 / せな けいこ著

『随行記 天皇皇后両陛下にお供して』 / 川島 裕著

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする