[産経新聞] 8/28書評欄で紹介された書籍

『はじめからその話をすればよかった』 / 宮下 奈都著

『北一輝と萩原朔太郎』 / 芝 正身著

『路上のジャズ』 / 中上 健次著

『新版 総理の値打ち』 / 福田 和也著

『映画を撮りながら考えたこと』 / 是枝裕和著

『冤罪 田中角栄とロッキード事件の真相』 / 石井一著

『滅びゆく日本へ: 福田恆存の言葉』 / 著

『外資系運用会社が明かす投資信託の舞台裏』 / ドイチェ・アセット・マネジメント 資産運用研究所著

『泣いた赤おに』 / 浜田 広介著

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする