[日経新聞] 8/28書評欄で紹介された書籍

『AI時代の勝者と敗者』 / トーマス・H・ダベンポート著

『日常を探検に変える』 / トリスタン グーリー著

『評伝 春日井建』 / 岡嶋憲治著

『不機嫌な作詞家』 / 三田 完著

『脳外科医マーシュの告白』 / ヘンリー・マーシュ著

『滑稽の研究』 / 田河 水泡著

『世界史としての日本史』 / 半藤 一利著

『文学部で読む日本国憲法』 / 長谷川 櫂著

『「イスラム国」の内部へ』 / ユルゲン・トーデンヘーファー著

『戦艦武蔵』 / 吉村 昭著

『投資される経営』 / 中神 康議著

『YKK秘録』 / 山崎 拓著

『戦後日本外交』 / 栗山 尚一著

『2020年に挑む中国』 / 著

『学術書の編集者』 / 橘 宗吾著

『ことばの地理学』 / 大西 拓一郎著

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする