[日経新聞] 7/31書評欄で紹介された書籍

『人工知能は敵か味方か』 / ジョン・マルコフ著

『採用学』 / 服部 泰宏著

『悪声』 / いしい しんじ著

『自画像の思想史』 / 木下 長宏著

『イン・アメリカ』 / スーザン ソンタグ著

『映画を撮りながら考えたこと』 / 是枝裕和著

『イスラム過激派二重スパイ』 / モーテン・ストームほか著

『子育て支援が日本を救う』 / 柴田 悠著

『残念な政治家を選ばない技術 「選挙リテラシー」入門』 / 松田 馨著

『お願いの女王』 / アマンダ ・パーマー著

『データサイエンティストが創る未来』 / スティーヴ・ロー著

『産廃Gメンが見た 食品廃棄の裏側』 / 石渡正佳著

『ちちんぷいぷい』 / 松山 巖著

『にっぽん! 馬三昧』 / 鈴木 慈雄著

『漱石紀行文集』 / 藤井 淑禎編

『昭和の戦争 日記で読む戦前日本』 / 井上 寿一著

『地名でわかる水害大国・日本』 / 楠原佑介著

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする