[日経新聞] 7/24書評欄で紹介された書籍

『失業なき雇用流動化』 / 山田 久著

『自由の思想史』 / 猪木 武徳著

『尻尾と心臓』 / 伊井 直行著

『ボクシングと大東亜』 / 乗松 優著

『背信の都』 / ジェイムズ エルロイ著

『中東から世界が崩れる』 / 高橋 和夫著

『ブロックチェーンの衝撃』 / ビットバンク株式会社他著

『近代日本の就職難物語』 / 町田 祐一著

『寂しさが歌の源だから』 / 馬場 あき子著

『江戸前魚食大全』 / 冨岡 一成著

『プレカリアート』 / ガイ スタンディング著

『戦後映画の産業空間』 / 谷川 建司編

『空の軌跡』 / ベルトラン ピカール著

『「衣食足りて礼節を知る」は誤りか』 / 大倉 幸宏著

『怪談四代記 八雲のいたずら』 / 小泉 凡著

『シェイクスピア – 人生劇場の達人』 / 河合 祥一郎著

『SNS時代の写真ルールとマナー』 / 日本写真家協会著

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする