[朝日新聞] 7月17日書評欄で紹介された書籍

『大岡信の詩と真実』 / 菅野 昭正著

『魔法の夜』 / スティーヴン・ミルハウザー著

『感じるスコラ哲学』 / 山内 志朗著

『人工地獄 現代アートと観客の政治学』 / クレア・ビショップ著

『男子問題の時代?』 / 多賀太著

『丹下健三――戦後日本の構想者』 / 豊川 斎赫著

『あゝ浅草オペラ』 / 小針 侑起著

『赤い刻印』 / 長岡 弘樹著

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする