[読売新聞] 7月10日書評欄で紹介された書籍

『マチネの終わりに』 / 平野 啓一郎著

『戦地の図書館 (海を越えた一億四千万冊)』 / モリー・グプティル・マニング著

『ツバキ文具店』 / 小川 糸著

『数学者たちの楽園: 「ザ・シンプソンズ」を作った天才たち』 / サイモン シン著

『高坂正堯と戦後日本』 / 五百旗頭 真著

『未確認動物UMAを科学する モンスターはなぜ目撃され続けるのか』 / ダニエル ロクストン著

『脳・心・人工知能 数理で脳を解き明かす』 / 甘利 俊一著

『僕たちのカラフルな毎日~弁護士夫夫の波瀾万丈奮闘記~』 / 南 和行著

『ミャオ族の刺繍とデザイン』 / 苗族刺繍博物館著

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする