[週刊文春] 2016年7月14日号で書評された書籍

今週の必読

『ロケット・ササキ』 / 大西 康之著

『日本酒ドラマチック』 / 山同 敦子著

ミステリーレビュー

『探偵は孤高の道を (創元推理文庫)』 / サラ・グラン著

『邂逅 (シドニー州都警察殺人捜査課)』 / キャンディス・フォックス著

著者は語る

『道徳感情はなぜ人を誤らせるのか』 / 管賀 江留郎著

選挙に行く前に

『「リベラル」がうさんくさいのには理由がある』 / 橘 玲著

新刊推薦文

『選ばれし壊れ屋たち』 / 鹿島田 真希著

『ヤクザのカリスマ』 / 鈴木 智彦著

『江戸の売春』 / 永井 義男著

『保守主義とは何か』 / 宇野 重規著

『説得 エホバの証人と輸血拒否事件』 / 大泉 実成著

『自由学校』 / 獅子 文六著

漫画の時間

『大漁! まちこ船 戦え! 北極警備隊』 / 三宅乱丈著

究極の徹夜本

『十二人の手紙』 / 井上 ひさし著

週刊文春 7月14日号はこちらから

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする