[日経新聞] 7/3書評欄で紹介された書籍

日本経済新聞 7/3付朝刊、書評欄で紹介された書籍です。

この1冊

『サービス立国論』 / 森川 正之著

新刊(単行本)

『高坂正堯と戦後日本』 / 五百旗頭 真著

『伯爵夫人』 / 蓮實 重彦著

『戦地の図書館』 / モリー・グプティル・マニング著

『ザ・カルテル』 / ドン・ウィンズロウ著

『経営学者の読み方 あなたの会社が理不尽な理由』 / 清水 勝彦著

『デジタル・ジャーナリズムは稼げるか』 / ジェフ ジャービス著

『医師の感情』 / Danielle Ofri著

『主夫のトモロー』 / 朱川 湊人著

短評

『移動と生存』 / 柄谷 利恵子著

『「非正規労働」を考える』 / 小池 和男著

『ウナギと人間』 / ジェイムズ プロセック著

『書店と民主主義』 / 福嶋 聡著

文庫・新書

『初しぐれ』 / 北原 亞以子著

『プラネタリウム男』 / 大平 貴之著

『ヴェネツィア――美の都の一千年』 / 宮下 規久朗著

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする