[読売新聞] 6/26書評欄で紹介された書籍

6/26付の読売新聞書評欄で紹介された新刊書籍です。

『罪の終わり』 / 東山 彰良著

『太陽の肖像:文集』 / 奈良原 一高著

『「大正」を読み直す 〔幸徳・大杉・河上・津田、そして和辻・大川〕』 / 子安 宣邦著

『震災を生きぬく』 / 原田 隆司著

『風土記の世界』 / 三浦 佑之著

『江戸の災害史』 / 倉地 克直著

『ファストファッションはなぜ安い?』 / 伊藤 和子著

『あるミニマリストの物語』 / ジョシュア・フィールズ・ミルバーン著

『センセイの鞄』 / 川上 弘美著

『高倉健インタヴューズ』 / 野地 秩嘉著

『鴨長明: 自由のこころ』 / 鈴木 貞美著

『偽りの書簡』 / ロサ・リーバス著

『使える地政学』 / 佐藤優著

『珠玉の短編』 / 山田 詠美著

『人生の超難問 Q&A』 / ひろ さちや著

『フロックコートと羽織袴』 / 小山 直子著

『人間の居る場所』 / 三浦 展著

『魂の退社―会社を辞めるということ。』 / 稲垣 えみ子著

『現代に息づく陰陽五行』 / 稲田 義行著

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする