[毎日新聞] 6/26書評欄で紹介された書籍

6/26付の毎日新聞書評欄で紹介された書籍です。

『清岡卓行の円形広場』 / 宇佐美 斉著

『完訳 論語』 / 井波 律子訳

『鎮守の森の物語』 / 上田 篤著

『記念植樹と日本近代』 / 岡本 貴久子著

『「森の長城」が日本を救う』 / 宮脇 昭著

『イエスは何語を話したか?』 / 土岐 健治著

『戦後史で読む憲法判例』 / 山田 隆司著

『長渕剛論 歌え、歌い殺される明日まで』 / 杉田 俊介著

『科学の発見』 / スティーヴン ワインバーグ著

『18歳選挙権ガイドブック』 / 川上 和久著

『高坂正堯と戦後日本』 / 五百旗頭 真著

『珠玉の短編』 / 山田 詠美著

『「文壇」の崩壊』 / 十返 肇著

『志は高く 目線は低く』 / 久保利英明著

『〈出雲〉という思想』 / 原武史著

『いとの森の家』 / 東 直子著

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする